このPukiWiki使ってると、PHPの説明なんかで、ソースを表示して、書きたくなるときがあった。
色々考えたのだが、プラグインを作ってしまった方が早いと判断して、作ってみた。
早く公開出来るレベルまで、持って行きたいのだが、本当にこのやり方であっているのだろうか?
ちなみに使い方は、

#show_source( ファイル名(添付したもの), タイトル表示, 行番号表示, 別表示, 実行画面 )

ってなかんじ、オプション多いかな?ちなみに各引数の説明は、以下の通り。

引数説明
ファイル名ファイル名をそのままそのページに添付されたファイル名を直接指定してください。
タイトル表示0/1ソースを表示する際に、その上にファイル名をタイトルとしてつけます。
行番号表示0/1表示されるソースに、行番号を負荷します
別表示0/1表示されたソースを別Windowで表示させるための、ボタンを表示します。
実行画面0/1ソースを実行した画面を別Windowで表示します。本当に、実行しますので、動くソースを添付してください。プログラムによっては正しく動作しないものもありますので、ご注意ください。


使用例

#show_source(test.php, 1, 1, 1, 1 )

上のように書くと、下のようになります。

ファイル名:test.php   
1 : <?php
2 :
3 :
echo "test!";
4 :
?>


添付ファイル: filetest.php 141件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-28 (金) 21:33:55 (2645d)