rpmのパッケージの検証を行うには

rpm -V パッケージ名

-Vオプションをつけて行う。
問題がある場合は以下のようなえらメッセージを出す。

$ rpm -V hoge.rpm
S.5....T c /etc/hoge.conf

結果はまず8文字の文字列になり、エラーが見つかった場合は、その文字列が表示される。ビリオド「.」の場合は検証にパスした事を表す。
また、最後のcは、設定ファイルでエラーが見つかった場合に表示され、その設定ファイルもフルパスで表示される。 以下の表が、表示文字列とエラー内容の対応である。

表示文字列エラー箇所
Sファイルサイズ
Mパーミッションなどのモード
5MD5
Lシンボリックリンク
T更新時間
Dデバイス
Uユーザ
Gグループ

Linux/LPI


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-28 (金) 21:32:44 (4213d)